教えるって難しい

後輩の教育に悩んでいる人へ

気持ちに寄り添ってあげる

自分の仕事を覚えて、それにも大分慣れて来た時に、次に悩んでしまう事と言えば下に入って来る後輩への仕事の教え方ではないでしょうか。
最初の内は自分が新人なので、一番下の立場という事でまだ気持ちが楽ですが、下に誰かが入って来ると自分がしっかりしなくては、というプレッシャーが生まれてしまいますよね。
しかも、どのように後輩に仕事を教えたらいいのだろうかと悩んでしまう人が多い事でしょう。

そんな皆さんの為に、今回はこうした方が良いというアドバイスをお伝えしていきます。
まず、後輩に接する時は、自分が新人であった時の事を思い出す事が大事です。
最初は本当に右も左も分からず、物事を覚えるのも大変で、何をして良いかも分からなかった事でしょう。
ここは、後輩の気持ちを理解しようとする事が大切なのです。
仕事を教えられても直ぐに覚える事が出来ず、思う様な仕事をしてくれないと思っても怒る事は絶対にしないで下さい。
相手に寄り添おうとする気持ちが大事です。
只でさえ不安な環境で、余計に不安を与えてしまわないような心のケアが最優先です。

また、教え方にも気を付けなければいけません。
口で物事を伝えられた際、メモを取るのは中々追い付かずに大変です。
そんな時、ゆっくり話す事やメモを取る時間を設けたり待っていようとしたり、そういった気遣いも大事な事です。
要は相手の気持ちを考えながら仕事を教えてあげる事が一番大事な事なのです。

後輩への教え方に悩んだら、下記のサイトも参考にしてみて下さい。
バイト先で、と書いてありますが、バイトに限らず一般の社会人にとってもタメになる情報が書かれているのでおすすめです。
→→→バイト先で後輩ができたら…←←←

Comment

*